年の差18歳∑(゚Д゚)40代旦那の雑記

特に方向性はないですが最近は主に子育てに関する内容が多めです

夏の風物詩

夏になってきたので(?)今回は少し怖い話を。

 

 

 

 

 

 

新築もあと2か月で丸2年になる訳だが、そのくらいになると幾つか気になるエピソードも出てくる。

 

 

一つ目は自分が遅番で深夜に帰宅する勤務帯での出来事。

 

 

 

いつも通り家に帰ると嫁が怪訝な顔で自分を見ながら「あれ、今帰った?」聞いてきた。

 

 

 

何かと思って尋ねると、ちょっと前に玄関の扉が閉まった音がしたのだと言う。

 

 

うちの玄関は家人が居ても居なくても、いつも鍵が閉めてあるので誰かが開け閉めすることはできない。

 

 

 

「ちょっと、怖いこと言わないでよ💦」

 

 

 

と言うと嫁は首を傾げていた。

 

 

 

 

 

 

 

2つ目は、これも自分が遅番の仕事で嫁が子供とお風呂に入っていた時の出来事。

 

 

 

不意に娘が天井を指差して

 

 

 

「お父さんとお母さんが居るね」

 

 

と言ったそうだ。

 

 

 

嫁はけっこう怖かったようで天井を確認したが勿論そこには何もあるはずもなく2歳の子供の言うことなので言質も取れずその後ずっとモヤモヤしていたそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

3つ目。

 

 

 

 

これも夜、自分と嫁が2人でくつろいでいる時。

 

 

 

我が家のキッチンはアイランド型で左右どちらからでも通行ができるようにしてあるがキッチン側から向かって左側の通路が食器収納の前を通るようになっている。

 

 

 

通路の幅は約1メートル。

 

 

 

そこを嫁がリビング側から通り抜けようとする時、いきなり膝が抜けたように床にへたり込んでしまった。

 

 

 

最初は笑いながら「何やっちょんの」とツッこんでいたがそれが1度や2度ではなく3度目になるとなんだか笑えなくなってきた。

 

 

 

嫁は首を傾げながら「ここ、絶対何か居るわ」と言う。

 

 

 

言われてみれば一度だけ、娘がその一角をやたらと怖がっていた時があった。

 

 

 

まあ、それは嫁がお化けのフリをしてそこからよく現れるので娘が足音に妙に敏感になってしまったせいだとも言えるのだが。

 

 

 

 

 

 

以上、新築2年目の我が家のちょっと怖いエピソードでした。