年の差18歳∑(゚Д゚)40代旦那の雑記

特に方向性はないですが最近は主に子育てに関する内容が多めです

ワースト・デイ①

去る一月の某日に職場から三連休を頂いた自分は何か子どもが楽しめる場所に連れて行ってあげようと嫁と一緒に考えあぐねた末に大型自然動物公園に行くことにした。

 

 

 

 

とは言え、まだ1才のうちの娘が動物と触れ合うことをそこまで楽しめるのか?

 

 

 

 

そんな自分の心配を他所に、ひと回りした頃には帰りたくないと言い出す始末。

 

 

 

 

嬉しい誤算である。

 

 

 

帰りの車に乗せるのが大層手間取ったがなんとか無事にその日は終了。

 

 

 

 

 

しかしこの日の出来事はまだ翌日から始まる恐ろしい日々の序章でしかないのだった…

 

 

 

 

 

翌日は買いたい物があったので近場の大型商業施設へ行った。

 

 

 

 

到着する時間が遅く既にお昼に近かったため先にご飯を食べることにしてフードコートで軽めの食べ物を買った。

 

 

 

そして自分と嫁が食べながら娘に好物のドーナツを食べさせようとするが珍しく口もつけようとしない。

 

 

 

 

この食い意地の張った子が珍しいこともあるもんだ

と思っていると「ウン(ち)した!ウン(ち)した!」と一生懸命伝えてくるので自分がトイレに連れて行った。

 

 

 

しかしオムツを変えてあげるもそれらしい形跡はなし。

 

 

 

戻って嫁と一緒に首を傾げているとどうやらとても不機嫌そうに服をお腹の上まで捲り上げてお腹を掻き毟るような仕草をする娘。

 

 

 

その後、落ち着かせようと嫁が抱き抱えているとそのままウトウトし始めたではないか。

 

 

 

そうこうしているうちにさっき変えたばかりのオムツがじんわり濡れている事に気が付き嫁が確認すると「ウ◯チやわ!」と急いで再びオムツ換えのできる大きめのトイレ…所謂共用トイレに駆け込んだ。

 

 

 

その瞬間、娘が突然嘔吐。

 

 

 

その吐瀉物を嫁が右肩からお腹の辺りまで浴びてしまった。

 

 

 

しかし全く怯んだ様子もなく嫁は「急いで何でもいいから私の上着と娘の肌着、替えの服買ってきて!」とテキパキした感じで指示してきた。

 

 

 

 

いや、さすがは母親である。

 

 

 

大急ぎでそれらを買い集め、店員さんに伝えてタグも切って貰い嫁のところに戻ると娘はぐったりした様子で床に寝かされていた。

 

 

 

 

 

つづく