年の差18歳∑(゚Д゚)40代旦那の雑記

特に方向性はないですが最近は主に子育てに関する内容が多めです

コンビニの怖い話1

残暑の暑さを吹き飛ばすためにセオリーに乗っかって少し怖い話のネタを温めていたら最近急に涼しくなってきて今回はそんな訳で慌ててまとめた涼しくなる内容の話。

 

 

 

 

 

ある日、仕事を終えた自分は帰りにコンビニに寄った。

 

 

 

お小遣いを少額でやりくりしている我が家にとって普段はあまり寄らない場所だがまあ一品くらいなら…と店内を物色し、棒アイスを1本だけ買い車に戻った。

 

 

 

そのまま車の中でアイスを開封してかぶりつく。

 

 

 

暑い車内で食べるアイスは仕事の疲れも手伝ってかとても美味しく感じられた。

 

 

 

車を停めたまま暫くアイスを食べていると同じコンビニから中年のオジさんが小さな買い物袋を下げて出てきた。

 

 

 

とても暑そうな顔をして歩いて来ると隣の車の運転席に乗り込んだ。

 

 

 

なんとなくその様子を目で追っているとおじさんは手に持っていた袋からアイスを取り出して自分と同じようにかぶりついた。

 

 

 

そのアイスは奇しくも自分と全く同じものでありやはり購入したのはその一品だけのようだった。

 

 

 

 

隣同士に停まった車の中で2枚のガラスを隔ててその様子を眺めていた自分は、ある事実に気づき、その瞬間背筋が寒くなった。

 

 

 

 

このおじさんは自分だ

 

 

 

 

さして年齢も違わない中年の男性2人がある暑い夏の日に同じコンビニの駐車場でアイスクリームを頬張っている。

 

 

 

お店から出てきた時の表情のだらしなさに若干嫌悪感すら感じていたが、自分がそうでなかったとは言い切れない。

 

 

 

今の2人を隔てているガラスはガラスではなく、これはきっとなのだ。

 

 

 

 

若い嫁にまだ1歳と半年を過ぎたばかりの娘もいる現状、頑張って若さを保たなければと決心したのだった。