18歳年下妻をもつ41歳旦那の雑記

特に方向性はなく日常の様子や思う事について語って行くブログです

家が完成しました

最初に家を建てるつもりで某大手ハウスメーカーの門を叩いてより約2年。

 

 

 

ついに夢だったマイホームが完成し、先月末に引き渡しが終わりました。

 

 

 

年齢の割に渋好みな嫁の鶴の一声でかなり和風に仕上がった我が家はリビングに7.5畳、和室に4.5畳の畳があしらわれ床は無垢の杉板で深い茶色を基調とした古民家風となってます。

 

 

リビングにはアイランドキッチンが設置されていて料理をしながらでもリビングで遊ぶ子供から目を離さないで良いように配慮しました。

 

 

そのリビングから4枚の障子戸で仕切られた先には土間があり右に玄関、左に裏玄関があって土間を挟んだ向こう側は和室となっています。

 

 

 

一旦戻ってリビングから2階までは8畳の大きさの吹き抜けで、真ん中には大きな太鼓梁。2階には子供部屋が2つと寝室が1つ、寝室に隣接してウォークインクローゼットとバルコニーがあります。

 

 

一階の畳以外のフロアは杉の浮造りにしたのですが現場監督さんの計らいで屋久島の杉を入れていただいたそうでとても味のある木目が一面に浮き出ています。

 

 

歩くとギシギシ言う箇所もありますが、そこは無垢の杉板を使う上ではご愛嬌ということで妻と2人で逆にその音も楽しんでいます。

 

 

キッチンは実はここがいちばん奮発したところで某LIXILさんの最上級セラミックトップを入れました。

 

 

存在感と収納量がハンパないです(笑)

 

 

 

それ以外(トイレ、洗面台)はTOTO

 

 

 

エッ?と思われた方もいるかもしれませんが嫁が「お風呂はほっカラリ床じゃなきゃ嫌だ」と言うのでキッチンはLIXILじゃなきゃ嫌だと言う自分の意見と両方を尊重した結果でこうなりました。

 

 

なんでもCMの某有名子役の「やわらかいはどこへ行ったの?」と言う台詞が大好きなんだとか…

 

 

 

そんな訳で10月27日にバタバタ引っ越して29日から住み始めましたが、いかんせん片付けが終わらずアレはどこにしまったっけ??状態はまだまだ暫く続きそうです。

 

f:id:tennennigari:20181111082558j:image