17歳年下妻をもつ41歳旦那の雑記

特に方向性はなく日常の様子や思う事について語って行くブログです

続・18歳年下の嫁をGETする方法29

18歳も年下の彼女ができればそれは嬉しくて楽しい事ばかりだったのだろうと思われそうだが実はそんな事はない。

 

 

何せコミュ障で20年以上も彼女もおらず生涯独身と決め込んできたので急激すぎる環境の変化に時々心が対応しきれないこともあった。

 

 

特に序盤の頃は毎回デート場所を決めるのがかなりの難題で、いざ決まってもデート中ずっと「この場所で本当に良かったのか?」とかマイナス思考で悶々としていた。

 

 

そのうちテンションのどうしても上がらない日なんかはもう彼女を迎えに行くことすら億劫で、着いたら彼女と何を話せばいいのかとか考え始めると途中で引き返したい気持ちになったりもした。

 

 

しかし、その病的な症状はいつも彼女に会って数分もするとどこかへ雲散霧消して行った。

 

 

彼女と居ると楽しくて話したいことが次々湧いて来たし行きたい場所も勝手に浮かんで来る。 

 

相性と言うものはこういうものなのだろうか。

 

 

 

 しかし最初は彼女に対して慎重だった態度も、そんな日が続くうちに段々と気が緩んできて何度か自分の無神経な言葉で悲しませたりもした。

 

 

反省し慎重になり、やがて慣れてきてまた失敗する。

 

 

 

でもそうやって段々とお互いのことが分かってきたように思う。

 

 

 

冒頭で楽しい事ばかりではなかったと書いたが、やっぱり一緒に居るのは嬉しいし楽しい。

 

 

 

これからも失敗することもあるだろうけど、その度に経験を重ねて今よりもっと良い関係になって行ければ良いなと思う。