18歳年下妻をもつ41歳旦那の雑記

特に方向性はなく日常の様子や思う事について語って行くブログです

ロードバイクとの出会い2

そう言えば少し前のブログにロードバイクを始めるのに特別な技術は必要ないと書きましたが、ひとつだけ素人がいきなり始めるには越えなければならない試練があります。

 

それはズバリ、ビンディングペダルです。

 

ビンディングペダルとはワンタッチで靴とペダルが一体化する機構のことで、コレのお陰でペダルを踏み込む力だけでなく反対の足で逆のペダルを引き上げる力も使えるので上手に扱えれば多くの推進力を得ることのできる大変優れたシロモノです。

 

しかし、その脱着には熟練が必要で慣れないうちはハマらないわ外れないわでそのまま路上に出るのは大変危険です。

 

その練習に、自分は家の前にある奥行き15mほどの駐車場を選びました。

 

 

 

…経験者ならもうお気付きかも知れませんが駐車場での練習はかなり危ないです(汗)

 

何故ならビンディングの脱着にモタモタしてしまうと、ハマったと思ったら目の前に壁が!なんて事が起こり怪我の原因にもなりかねません。

 

御多分に洩れず自分は激突こそしなかったものの壁を前にしてフルブレーキをかけてしまい、傾いていく自転車からビンディングを外すことができずにそのまま転倒。

 

倒れた自転車の前輪がカラカラと虚しく回る横で薄暗くなった夜空を見上げながらなんだか笑いが込み上げて来ました。

 

その後は、いいトシして両膝から血を流しながら家に帰って両親に笑われました(笑)

 

 

しかし、両足を何かに固定されたまま横方向に倒れていく恐怖感はなかなか他のものでは味わえません。

 

皆さんも是非ロードバイクを始めるなら、こんな筆者の失敗談を笑って一蹴できるようビンディングペダルの脱着の練習だけは充分に行うように申告申し上げます(^ ^)