18歳年下妻をもつ41歳旦那の雑記

特に方向性はなく日常の様子や思う事について語って行くブログです

初◯◯

つい何日か前の出来事。 お疲れでお休み中の嫁に代わって娘を見ていると不意に下半身を捩りはじめ、もう少しで初めての寝返りを打つ寸前という体勢になった。 突然の決定的瞬間に自分はテンションが上がり慌ててスマホのカメラを準備。 「もう少しだぞ、頑張…

父親<母親

赤ちゃんをあやしたり寝かしつけたりするのは母親の仕事だと言う風潮はまだまだ少なくないようだ。 しかし自分はそれを嫁の仕事だと一言で片付けてしまいたくはないので日々、我が子をあやしたり寝かしつけに及ばずながら協力させていただいている。 その甲…

男性脳と女性脳

男と女では基本的に考え方が違うと言う話をよく耳にする。 男性は論理的で女性は感情的。 その理由として男女ではそもそも脳の構造が違うという説があり男性脳と女性脳などと呼ばれている。 例えばある夫婦の例を挙げると 妻は近くのスーパーで300円の野菜が…

たのしいこと

結婚する直前の自分はもう別にいつ死んでもいいかなと考えていた。 もちろん何かをやり遂げたからではないし、だからと言って当たり前だが死にたい訳でもない。 ただ、自分の為だけに全ての時間が使える環境が15年余り続くと色んなことが煮詰まってきて「も…

結婚2年目の抱負

結婚して既に一年と約3ヶ月が過ぎたが夫婦仲はと言うと未だに自分はデレデレで、そんな自分に呆れながらも嫁はよく笑ってくれている。 幸運にも結婚してすぐに子宝に恵まれ、しかしただ「幸せだ」で片付けるのは恐れ多い多くの出来事の詰まった一年余りだっ…

夢の実現1

結婚してすぐに実行に移した夢がある。 それはマイホームを持つこと。 月並みと言われればそれまでだが一生を添い遂げようと決めた相手と後戻りのできない夢を叶えることは自分自身への戒めと伴侶への覚悟の顕示とも言えよう。 御託を並べたが分かりやすく言…

豚骨ラーメン

自分は豚骨ラーメンを食べると酷くお腹を壊す。 お腹を壊す、と書いたがそんな生易しいものではなく全身から血の気が引いて行くような悪寒と力が入らなくなる虚脱感に襲われて便座に座った状態で意識が遠くなっていく。 あと10年、20年後にこの症状に襲われ…

そろそろ百日

娘が産まれて3ヶ月が経った。 その間、嫁は献身的に我が子の体調を気遣い顔色を観察して様々な病気や体調不良に対処できるように心配してきた。 その甲斐あってか娘はすくすくと成長し、今や6.5kgを超える大物に。 まあ赤ちゃんだし少しくらい太っているくら…

真夜中の戦慄

嫁と交代して娘をあやしていた時のこと。 いつも通り狭い家の中をスタスタと歩き回っていると自分の足音が気になってきた。 それはそうだ。 木目のプリントこそしてあるものの表面はビニール系のコーティングを施した光沢のあるフローリング。 そこを素足で…

格の違いを見せられた日

つい先日のこと 近くの大型商業施設で嫁と一緒にショッピングしていると娘の乗るベビーカーの方から香ばしい香りが漂ってきた。 無言で嫁と目線を合わせて頷く 来たか… とばかりにオムツ交換のために一路、オムツ交換シートのあるトイレへ駆け込んだ。 2つあ…

テレビを見なくなった理由

最近ネットでテレビがつまらなくなったと言う内容の記事をよくみかける。 なんでもツイッターでは、その視聴者の心情をよく表現できていると言われた4コマ漫画が60000いいねを獲得したという。 それについてはとても同意で、そのせいか自分も嫁もあまりテレ…

嫁への不満

嫁への不満など無いと言いたいが実は1つだけある。 それは結婚してすぐの頃だったと思うが 浮気は3回までなら許す と言われたこと。 浮気など絶対にしないと心に決めていたのに突然そんな話題になり嫁からそう言われたのだ。 そこは絶対に浮気しないでねと言…

子供に学ぶ

今日まで2ヶ月と6日間、必死に子供の機嫌を伺いながら色んなことに励んで参りましたが 結局、子供の事はよく分かりません 機嫌の悪い時は考え付く限りの全ての原因を取り除いてやっても泣くし、逆に何もしてあげていなくても親の顔を見るだけで笑ってくれる…

遺伝を感じた日

気がつくと最近、娘がウ◯チをしていない。 以前は毎日それも1日に数回あれほど立派なやつを出してくれていたのに。 気づいたのはウ◯チをしなくなって3日ほど経過してからだった。 少し心配ではあったがまだ母乳かミルクしか飲まないし、そのうち出してくれ…

沐浴の憂鬱

うちの娘は沐浴が大嫌い。 初めてベビーバスに入れた日から今日まで泣かなかった日は片手で数えられるくらいしかないくらい嫌いなようだ。 それでも嫁は自分より赤ちゃんの気持ちが分かっているのかあまり酷くは泣かさずに上手にこなしている。 自分の場合は…

非常時の料理

最近、子育ての忙しさに更新ペース落ちまくりの当ブログです あと5日で生後2ヶ月になる我が子は抱っこしてないと泣くだけでなく抱っこしていても歩いていないと泣く有様で1人の時は本当に何も出来ない…いや、させて貰えません。 子育てしながらブログも書…

泥棒×我が子

近況では相も変わらず子育てに奮闘する日々が続いております。 その中でも嫁は授乳のために3時間おきに目を覚ましてはオムツ替えをして寝かしつけをしなければならないんですが 子供が寝てくれない 抱きかかえているうちは目もつぶってくれますが、ベビーベ…

四月に入ってすぐの出来事

去る4月初日。 仕事の途中でLINEのチェックをしようとスマホの電源をONにした。 すると、そこには一行だけ 泥棒に入られました‍♀️ え?え??何か盗まれた!? ちょっとパニックになりそうになったが、こうして嫁自身は無事にLINEを送ってきているし一行だけ…

ふと思ったこと

そう言えば宮参りを終えたと言うことは娘が生まれて少なくともひと月が経過したと言うこと。 気づけば先月…2月の19日に壮絶なお産に立ち会い、もう3月が終わろうとしている。 ある日、会社の帰りにふと お産に立ち会うと妻のことを女性として見れなくなる と…

宮参り

つい先日、娘が生まれて約33日経過したため近くの有名な神社へ宮参りに行った。 前日も前々日もかなりグズりが酷かったらしく嫁とその家族は「これは宮参りが思いやられる」と頭を抱えていたそうだ。 ところがその当日。 それまでがウソのように娘はとても大…

日商◯ステム

えー… 皆さんは不動産投資勧誘の電話を受けたことはないでしょうか? 実は2年ほど前、突然電話がかかってきて無碍に切るのもなんだかなとか思ってると猛然と自社のプランの利点やら長所やらを語り出してなかなか電話を切らせてもらえず軽く30分ほど長電話を…

poi-teck においクルルンポイ

出産前から色々赤ちゃん用品を買い揃えたのだが、その中に題名の同商品 poi-teck においクルルンポイ がある。 使用済みのオムツを1つづつ個別に包装して処理できる便利なゴミ箱だ。 某大手赤ちゃん用品店の出産準備のパンフレットを見ながら「これは欲しい…

宮参り

もうすぐ宮参り。 と、言うことは娘が生まれてはや1ヶ月と言うことになるが嫁が里帰りしている身分からすると「もう1ヶ月」と言う感覚だ。 だが、毎日格闘している嫁と嫁の母親がその事について 「まだ1ヶ月かー」 と話しているのを聞いて自分がやはりそ…

色褪せさせない秘訣

自分はよく昔の思い出を頭の中で反芻させる。 記憶力自体は大して良くないのだが何故か特定の幼少期の体験などを事細かく覚えていて何十年も前の出来事を最近のことのように思い出せる。 一見、便利そうに聞こえるこの特技にも短所はあって 1.場面を自分で特…

お互いの呼び方

今現在、自分たち夫婦のお互いの呼び方は 自分:下の名前 嫁:◯◯(下の名前)さん 初めて会った時は 自分:◯(下の名前の頭文字)っちゃん 嫁:△△(苗字)さん どこで変化したかと言えば告白して初めてデートに行った時、自分が連れて行った少しお洒落なバーで嫁が…

貧乏性かく語りき

皆さんは一食500円をどう思うだろうか? 1食500円だと昼と夜で1000円 朝はそこまで食べないとしても半分くらいはかかると思うので1日で約1250円くらいの計算になる。 すると1ヶ月で食費に37500円も使ってしまう事になり、更に2人だと75000円にもなってしま…

17/365歳

娘が生まれて今日で17日目。 母乳も粉ミルクも選り好みせず凄い勢いで飲んでくれるウチの娘はとても気分屋でちょっとしたことでグズり出して止まらなくなる。 それでもこの短い期間で嫁(と自分)もいくつか学習したことがある。 グズる条件として 1.お腹が減…

最近思うこと

はい、最近忙しさと話題のバリエーションのなさに更新がズルズルと順延しております(平謝) 最近思うのは、嫁と出会う以前と比べて自分は随分普通になったなあと言うこと。 少なくともコミュ障な部分はかなり希薄になった(気がする) 生来苦手だった女性との会…

娘が生まれて10日

先月の19日に娘が誕生し、24日に嫁と共に嫁方の実家に帰ってきた。 退院からそのまま4日間そちらで一緒に寝泊まりさせていただき娘の授乳やらオムツ替えやら沐浴やら… 出生届を提出しに行ったりと暫くは忙しい日々が続いた。 聞いてはいたが授乳と言うのは本…

一生忘れられない出来事

ある日、仕事に出かける数分前。 まだ時間的に余裕があったので何となくLINEのアプリをいじっていたら昔自分のホームに投稿していた記事を発見した。 そう言えばブログを始める前はここに似たような内容の文章を投稿していたんだっけ。 少し懐かしい気持ちで…