コミュ障42歳による18歳年下嫁との日常雑記

特に方向性はないですが最近は主に子育てに関する内容が多めです

初節分

去る2月3日

 

我が家で娘にとっては初となる豆まきの行事を行った。

 

 

嫁は結構ノリノリでかなり早くから豆を準備して当日も恵方巻きはどれにしようかなどと買い物の最中から抜かりのない様子。

 

 

自分の実家で行っていた豆まきの行事とはまだ自分が小さかった頃こそ鬼役がちゃんといて枡に入れた大豆などをその鬼役に投げつけたりしていたものの中学生くらいになるとその内容はかなりずさんになり家の中と外で数回鬼は〜外!福は〜内!と言いながら豆を投げるだけのものであった。

 

 

しかし聞くと嫁の考えている豆まきの内容はかなり本格的というか、まず鬼の入場からしっかり行うみたいで鬼の面を被った人が玄関から登場し、オカメの面を被った人が鬼は外ー!と叫びながら結構な力で豆(片付けを考えて数個の袋入りのまま)を鬼に投げつけ、投げつけられた鬼は苦しみながら再び玄関から退散していくと言うもののようだ。

 

 

う…上手くできるだろうか…

 

 

不安になる暇もなく豆まきが始まり鬼の面を被った自分がリビングに入る襖の前で一言

 

 

悪ぃ子は居ねがぁ

 

嫁:うん、それ違うやつ

 

 

 

 

鬼の面を被った自分を見て娘が泣いてしまわないか内心ドキドキしながらリビングに入ると当の娘はぽかーんと口を開けたまま「お父さん何してんの?」と言う感じでこちらを見て呆気にとられている。

 

どうやらお面を被っているのに全く意味なくバレバレなようだ。

 

 

そこにすかさず嫁がかなりの威力で鬼は外ー!と言いながら豆を投げつけてきた。

 

 

「お母さん痛い!痛い!」

 

 

いや、ほんとに痛い。

 

 

更に嫁は娘の手に豆を握らせて「ほら◯◯ちゃんも投げて!」と腕を掴んで振り回すが……

 

 

投げない(笑)

 

 

良い感じに場が混乱してきたところで鬼交代。

 

 

そして鬼役になった嫁はなんと娘を攫うと言う暴挙に出た。

 

 

自分はあくまで優しく紳士的に豆を投げつけながら「娘を返せー!」と必死の抵抗をするが展開に全くついて来れてないのは攫われている本人。

 

 

f:id:tennennigari:20190205074443j:image

帰って行く鬼に手を振る娘

 

 

ともあれ節分は無事終わったので今年も我が家は安泰かな?

娘が可愛すぎる件

この前、産まれて来たばかりだと思えばもう今月で1歳になるウチの娘がどんどん可愛くなってきて最近、やばいです。

 

 

そりゃまあ自分の子供なんだから可愛いに決まってるだろというツッコミは置いといて(コラ)どの瞬間が一番かと言うと特にお風呂❗️

 

 

仰向けに膝の上に乗せてお湯が目に入らないように注意しながら頭を洗ってあげるのですが、顎の下から見るおでこ丸出しになった顔がもう超絶カワイイ

 

 

最初の頃は目にシャワーが掛かったりしてギャン泣きされたこともあり、しばらくはその記憶が頭から離れないのか膝の上に乗せただけでグズり始めたりしたものですが最近は信用してくれたのかシャワー中でも目を開けてキョロキョロするくらいの余裕っぷり。

 

 

お風呂だとテンション上がるのか居ない居ないばあしてあげるだけで大声で笑ってくれたりするので最近お風呂が楽しくて仕方ないです。

 

 

 

…でも一緒に入ってくれるのもいつまでかなあ…

 

 

などと楽しい反面いつか来るその日を想像して寂しさも過ぎる今日この頃です。

庭に植えた樹のはなし

ウチの庭には4本の樹が植えられている。

 

 

家を建てる時にここの土地が緑化指定地域ということで必ず樹を植えて下さいと言われたので嫁と一緒に選んだのだが、ただの好みで選ぶのも味気ないと嫁が出した提案が

 

 

 

家族それぞれの誕生日に花が咲く樹を植えてはどうか

 

 

と言うものだった。

 

 

ただし和風の玄関脇には自分の中では紅葉の樹というのは鉄板だったのでそこだけはただの好みで。

 

 

まずは2月産まれの娘の樹

 

 

寒い時期に花を咲かせる樹はあまり種類がなかったが和風にピッタリの梅という木があったのでそれに決定。

 

 

 

次に自分は8月。

 

 

 

ネットで調べると見たことのない名前の樹ばかりが出てきた。

 

 

その中で花が綺麗で気に入ったので自分の樹はクチナシ

 

 

 

嫁は付き合っていた頃から桜がとても好きだったがなんと誕生花もピッタリ桜ということでここは文句なしの桜。

 

それも和室の横に作った竹垣に囲まれた小さな坪庭に映えるように枝垂れ桜をチョイスした。

 

 

 

 

植えたばかりの樹というのは土に定着するまでなかなか花は咲きにくいと聞いたことがあるので今年は開花は見られないかなと思っていると…

 

 

 

なんと梅の木が1月の後半からぼちぼちと咲き始め今では満開に(笑)

 

 

 

まあ植えた時から極小のつぼみがちらほらと付いてはいたんですけどね!

 

 

 

f:id:tennennigari:20190128170615j:image

 

娘の将来を示す縁起の良い出来事でした。

 

 

 

4月には桜も咲くといいなあ

自分が42歳で妻が24歳

そう言えばこの前、嫁の高校時代の友達3人が半ば押しかけ的な感じでうちに遊びに来ると言うので未だ半コミュ障な自分は仕事が終わって直帰せずにしばらく外で時間を潰して帰ることにした。

 

 

久々の独り歩きだったが特に行きたい場所もなく野菜の直売所やらカー用品店やらをうろうろしたあと家からそう遠くないラーメン屋で夕食を摂ってから家に帰った。

 

 

 

 

そして翌日、嫁とその日の話をしていると来ていた友人の中の1人が同じく42歳のしかも家庭持ちの男性と付き合っていると言う話になった。

 

 

 

 

ここで読書の多くは同じ歳の差カップルだから応援するのだろうとか思われそうだがとんでもない。

 

 

既婚でしかも子供も居る輩の、言わば完全な浮気など言語道断である。

 

 

更にその男、なんと彼女の鼻をかんだティッシュをもぐもぐと食べ

 

 

 

俺、◯◯ちゃんのファンだから

 

 

と言い放ったのだと言う。

 

 

 

 

…どう思います?💧

 

 

 

自分のこと今だけ棚に上げて言わせてもらうと

 

 

 

 

非常にキモい

 

 

 

(注:自分のことを棚に上げていることを再度強調させてもらいます)

 

 

 

なんか愛情の押し売りって感じで。

 

 

 

どうせ愛情を伝えるなら相手の望む形で表現したいですよね。

 

 

 

以上、今回は42歳の42歳に対する偏見と愚痴でした。

高圧洗浄機のO-リング

やっと家が完成し夢だった広めの駐車場も完備したことで好きな時間に車を洗うことができるようになった(ただし嫁と子供が許せば)

 

 

そこで独身時代に買って実家にしまい込んでいたRYOBIの高圧洗浄機AJPなんちゃらを新居に持って来て初の洗車を行うことにした。

 

 

 

しかしいざ新しい場所で初めての作業を行おうとするとすんなり行かないもので、なんとホースと本体の接続部のパッキン(O-リング)が経年劣化で割れてしまっていた。

 

 

当然そこからかなりの量の水が漏れたが洗浄機の水圧に問題はなさそうだったので今回はそのまま洗車を行なった。

 

 

久々の洗車は楽しく、また自分の家なので周囲を気にせずついつい長時間没頭してしまったが長年洗えずにいた通勤用のマイカーは見違えるほど綺麗になった。

 

 

 

しかし今回は大量の水漏れを無視して洗車を決行したが毎回同じことを続けていれば水道代もバカにならない。

 

 

そこで我が家で使用しているRYOBIの高圧洗浄機AJP-1400の適応O-リングをネットで検索してみるとこれがかなりの高額で、ただの小さなゴム製の輪っかがこの価格なのは少し疑問を感じてしまった。

 

 

しかしこれが近所のホームセンターで売っている汎用的なO-リングでも代用できて値段も半分くらいで購入できたので紹介します。

 

 

直径9.8か10.8でゴム厚2.4(mm)の物なら問題なく使用できます。

 

 

※ちなみに水道用ホースと本体のワンタッチ接続ジョイントを繋ぐ♂側の方です。

 

 

是非参考になれば幸いです。

最近の趣味

独身の頃の自分には色んな趣味があった。

 

 

 

…と言っても内向的な自分の趣味は基本的にインドアなものばかりでパソコンいじりにTVゲーム、マンガなど。

 

 

それ以外にはインテリア小物が好きでホームセンターに足繁く通ったり1人でよく近所のラーメン屋に行ったりもした。

 

 

 

しかし当たり前の話だが結婚してからと言うもの自分の趣味はおろか自分の時間など全く無い。

 

 

 

それは嫁も同じことで毎日必死に子供の面倒を見ながら家事全般もサボらず当たり前のようにこなしてくれている。

 

 

 

なので自分だけが自分の時間が無いなどという戯れ言を言うつもりも毛頭無い。

 

 

 

しかしそんな状況で娘の一挙一動を観察することが趣味と言っても過言では無い習慣になっていることに気がついた。

 

 

 

 

日に日に知恵がついて新しい行動パターンや仕草を覚え始める娘の時に不可解なそれを生暖かい目で見守るのがとても楽しい。

 

 

 

例えば哺乳瓶の吸い口ではなく底の方をガジガジかじっている姿やベビーサークルにかじりついたままカニ歩きする姿とか。

 

 

6本しかない歯で満面の笑みを浮かべている顔とか教えてもいないのにストローで器用にジュースが飲めたり、転倒防止に床に敷き詰めたスポンジのパネルを剥がしてかぶりついていたり。

 

 

 

我が子の成長から目が離せない今日この頃でした。

明けましておめでとうございます❗️

新年、明けましておめでとうございます⛩

 

2019年になりましたね。

 

 

新しい年号とか株価の乱高下とか隣国との諍いとか気になることは山積みですが、とりあえずは無事に新しい年を迎えられたことを喜びましょう。

 

 

 

 

ところで昨年は私ごとではございますが、子供が生まれ家も建てて長い人生の中でも記念すべき年になりました。

 

 

更に娘が生まれるより1ヶ月ほど早く、私の住むこの大分市の大分川に架橋宗麟大橋が完成しめでたくこの橋とうちの娘は同い年ということになりました。

 

 

 

本当に8年ほど前までは時間が止まっていたように何事もなかった自分の人生が急に目まぐるしく動き始め、特にこの四年間はその集大成とも言うべきイベントの連続でした。

 

 

とは言えまだまだ娘も生後10ヶ月になったばかりでこれから先も気が休まる暇もなく色んな出来事が起こって行くのでしょう。

 

 

 

今このブログをお読みくださっている皆様も、どうぞ今後とも宜しくお願い致します。