年の差18歳∑(゚Д゚)40代旦那の雑記

特に方向性はないですが最近は主に子育てに関する内容が多めです

コンビニの怖い話1

残暑の暑さを吹き飛ばすためにセオリーに乗っかって少し怖い話のネタを温めていたら最近急に涼しくなってきて今回はそんな訳で慌ててまとめた涼しくなる内容の話。

 

 

 

 

 

ある日、仕事を終えた自分は帰りにコンビニに寄った。

 

 

 

お小遣いを少額でやりくりしている我が家にとって普段はあまり寄らない場所だがまあ一品くらいなら…と店内を物色し、棒アイスを1本だけ買い車に戻った。

 

 

 

そのまま車の中でアイスを開封してかぶりつく。

 

 

 

暑い車内で食べるアイスは仕事の疲れも手伝ってかとても美味しく感じられた。

 

 

 

車を停めたまま暫くアイスを食べていると同じコンビニから中年のオジさんが小さな買い物袋を下げて出てきた。

 

 

 

とても暑そうな顔をして歩いて来ると隣の車の運転席に乗り込んだ。

 

 

 

なんとなくその様子を目で追っているとおじさんは手に持っていた袋からアイスを取り出して自分と同じようにかぶりついた。

 

 

 

そのアイスは奇しくも自分と全く同じものでありやはり購入したのはその一品だけのようだった。

 

 

 

 

隣同士に停まった車の中で2枚のガラスを隔ててその様子を眺めていた自分は、ある事実に気づき、その瞬間背筋が寒くなった。

 

 

 

 

このおじさんは自分だ

 

 

 

 

さして年齢も違わない中年の男性2人がある暑い夏の日に同じコンビニの駐車場でアイスクリームを頬張っている。

 

 

 

お店から出てきた時の表情のだらしなさに若干嫌悪感すら感じていたが、自分がそうでなかったとは言い切れない。

 

 

 

今の2人を隔てているガラスはガラスではなく、これはきっとなのだ。

 

 

 

 

若い嫁にまだ1歳と半年を過ぎたばかりの娘もいる現状、頑張って若さを保たなければと決心したのだった。

よだれ

ウチの娘は年齢(1歳7ヶ月)の割には未だによだれの量が多い気がする。

 

 

毎日スタイを5枚以上は替えるし酷い時は替えて15分くらいで既にびしょびしょなんてことも。

 

 

よだれだけでなく風邪気味の時なんかは鼻水もだらだらなのでよだれと相まって鼻から下が大洪水になっていたりする(その割に顔を拭かれるのをすごく嫌がる)

 

 

 

そういえばお風呂の時もオムツを外した瞬間に足拭きマット(珪藻土)の上でジャーッとやられた事が2〜3回あった。

 

 

 

 

極め付けは往年の志村けんさながらの口に含んだ水をダーッとそのまま滝のように零す遊び。

 

 

 

 

 

ひょっとして……

 

 

 

 

体から溢れるものを抑止する意識が低い子なんじゃないだろうか…?

 

 

 

となるとトイレトレーニングは苦労しそうだなあ💦

 

 

 

 

まあでも唾液の多い子は虫歯になり難いとも言うし。

 

 

 

 

欲求を抑えたがらないところは子供らしくて可愛いのでこの不安が杞憂に終わればいいなとか考える昨今なのでした。

 

 

 

 

f:id:tennennigari:20190913062503p:image

寝言遊び

夜、いつも通り布団に入ろうとした時のこと。

 

 

子供はいつも通り先に20時近辺に寝かしつけているので自分と嫁は0時過ぎまでゆっくりした後布団に向かう。

 

 

 

寝相の宜しくない娘は2枚敷いてある布団の何処に居るのか分からないのでスマホの明かりを頼りに慎重にその所在を確認して自分たち2人の間に戻してあげるのだが…

 

 

 

その日、嫁は寝ている娘のあまりの可愛さに小声で話しかけてしまった。

 

 

 

 

お母さん好きな人〜?

 

 

 

すると娘は

 

 

はい

 

 

と答えたではないか。

 

必死に笑いを堪える自分と嫁。

 

 

悪乗りした嫁は更に

 

 

 

 

ジュース飲む人〜?

 

 

と問いかける。

 

 

 

「はい」

 

 

 

完全に眠っているのに問いかけにはちゃんと反応する娘。もうこうなったら自分もやるしかない。

 

 

 

お父さん好きな人〜?

 

 

 

 

娘「…」

 

 

 

 

 

オイィィィイ!?

 

 

 

その後何度か話しかけてみたが反応なし。

 

 

 

 

 

 

ちょっと悲しくも面白い出来事でした。

 

 

 

 

 

 

 

PS:後日、嫁はお義母さんから「寝言で遊ぶんじゃありません!」と叱られたらしいです(笑)

 

娘の成長

今月で1歳7ヶ月となる娘の成長が目覚ましい。

 

 

とくに言葉を覚えるペースが急に早くなってきて3ヶ月ほど前と比べるとかなり意思が伝わるようになってきた。

 

 

 

いちいち挙げて行ってもきりがないのだが中でも代表的なものを挙げるならば

 

 

 

 

1.チーズ

 

 

チーズにハマったようで小腹が空くと冷蔵庫の前で「チーズ!チーズ!」と連呼する。同類の言葉にじしゅ!(ジュース)などがある。

 

 

 

 

2.きーたん

 

 

ちょっと判りにくいがこれはいただきますと言う意味。ご飯の前に必ず両手を合わせてこれを言う。因みにご馳走さまも同上。もう食べたくない時は勝手に「きーたん!きーたん!」言い始める。

 

 

 

 

3.開けて!

 

 

これはかなり流暢な発音で扉の前や子供用の柵(ベビーケージ)の前で連呼する。あと、袋に入った食べ物などを自分や嫁の前に持ってきてこれを言うあたりちゃんと意味を理解しているようなのが素晴らしい。

 

 

 

 

4.家族の名前を覚えた

 

 

ひいお婆ちゃんの事をちゃんと「ひーば」と言えたとの報告があったのでお義祖母さんとお義母さんが居る時に自分と嫁が1人ずつ「この人はだれ?」と聞いて行ったところ1人も間違えずひーば、ばぁば、母ちゃん、父ちゃんと言えた。

 

これにはちょっと感動した。

 

(因みに2周目はいきなり間違えた)

 

 

 

 

と、言うようにどんどん言葉を覚え始め目の前で言った言葉を即リピートするようにもなりウチの子はやっぱり天才なんじゃなかろうか?と私たち夫婦の親バカも加速していく今日この頃です。

鶏ガラ風味

夕食の麻婆豆腐を作っていた時の話

 

 

はじめにみじん切りにした長ネギを諸々の調味料と一緒に炒める工程を嫁にやってもらいバトンタッチ。

 

 

挽き肉を投入して火が通るまで加熱。

 

 

 

 

夕食前で少し眠気を感じていた自分はコーヒーを飲みながら作業していた。

 

 

 

テレビを眺めながらコップ一杯の水に小さじ一杯の鶏ガラスープの素を入れて味見。

 

 

 

ん?鶏ガラスープ薄いな。もう少し足すか…

 

 

 

計量カップの水に更に小さじ一杯の鶏ガラスープの素を足して味はOK。

 

 

 

そしてそれをフライパンに加えて煮込みながら何となく、飲んでいたコーヒーを見ると水面が白く泡立っている。

 

 

 

 

 

 

………

 

 

 

 

……………まさかね

 

 

 

 

 

不安に駆られながら一口飲んでみる。

 

 

 

 

 

おお、鶏ガラ風味だ💦

 

 

 

 

 

しかし意外と激マズと言うほどではない?

 

 

 

まあ無論、だからと言って美味しいはずもなく結局半分も飲まずに捨ててしまった。

 

 

 

 

嫁に話すと

 

 

 

 

やっぱり激マズだったんじゃん(笑)

 

 

 

と言われました。

日本の悪しき習慣(?)

近頃の日本の映画(実写)のラインナップを見ていて最近、既に原作が一定の評価を受けている漫画(アニメ)や小説が多いと言うことに気づいた。

 

 

 

まあ原作が好きな物も多くあるし、実写だとまた違った角度から新鮮な気持ちで見れるから良いのかなと思っていたが、どうにも殆どの作品において完成度がイマイチと言うのが個人的な感想だ。

 

 

 

 

まずキャスティングのミスマッチ。

 

 

 

有名人や最近人気の若手を使った作品が多く見られるが原作の雰囲気やキャラクターにもっと忠実な役者を探し出してでも起用して欲しい。

 

 

…まあそれらは個人の好みもあるので他のファンから見たら「別にいいんじゃない?」と言われそうなのであまり多くは語らないでおく。

 

 

 

 

次に一つ目の意見を覆すようだが原作を意識しすぎて不自然な描写が多々見られたり役者さんの台詞がそのまんますぎて見ているコッチが恥ずかしくなったりする点。

 

 

 

何というかプロなんだからシーン丸再現せずにもう少し自然なアレンジできないのかと。

 

 

しかしこの項目も個人個人のセンスの影響が大きいので実力派の監督さんなら誰でも間違いないと言うものでもない。

 

 

 

向いてない監督さんに無理に撮らせず自費ででも撮りたい!と言う人にやらせれば少しはファン心理も理解しているしもっと良い作品になるのではないかと素人ながらに思うのだが…

 

 

 

 

思うに、最近よく耳にする◯◯製作委員会という方式が良くないのではないか。

 

 

企画した人間が大コケしないようにそれなりに人気のあるタイトルをチョイスし実績のある監督に制作を依頼する方式だと推測するが、その保守的なスタイルからは想像以上のものは殆ど生まれないように思う。

 

 

そればかりかファンの心の中にある原作の良い思い出を掘り起こして独善的な映像技術で再現し、結果的にコレジャナイ作品を連発する。

 

 

 

漫画やアニメのままじゃ駄目なのか?

 

 

 

世の中には実写より遥かに雰囲気のある絵を描く作家さんも山ほど居る。

 

 

 

 

 

良い線行っている作品も無かったわけじゃないが、今のところ原作を超える実写リメイクを見たことない自分としてはそんなことしている暇があるなら良いオリジナル作品を頑張れば良いのにと思ってしまう今日この頃なのである、

コインランドリーについてかく語りき

雨の多い季節。

 

 

乾燥機能付きの高価な洗濯機など持ち合わせていない我が家では結構な頻度でコインランドリーを利用する。

 

 

 

周辺には有名なW◯SHハウスやら最近店舗数が増えてきたグ◯リアを始めさまざまなコインランドリーが存在している。

 

 

 

そんな中グループによって得意分野や機種による仕上がりの差などに注目し色んな店舗を利用した経験からどこのお店が一番お得かをなんとなく比べてみた。

 

 

 

 

まず、交通量の多い交差点の一角に位置する最大手のW◯SHハウス

 

 

 

ここは乾燥8分で¥100と少々割高である。能力は申し分ないがコスト面でまず論外。ちなみに他所の同店舗はそんな事はなくちゃんと10分で¥100だった。他に羽毛ぶとんも洗える大型の洗濯機を備えるのが特徴。

 

 

 

 

 

その最大手に喧嘩を売るように道路を挟んで反対側に最近できたのは2番目によく耳にするグ◯リア

 

 

挑発的な位置関係に突如出店しただけあり、乾燥料金は安心&定番の10分¥100

 

 

 

少し余計に時間はかかるが乾燥前に無料でドラムを清掃するドラムリフレッシュと言う機能があるのが特徴。

 

 

 

反対側の最大手に比べると長所も多くお店としては魅力も多いのだが、この2店舗は最初に書いたように交通量の多い交差点にあるため寄り付きにくいのが難点か。

 

 

 

続いて最近店舗数を伸ばしてきているHC

 

 

 

実質、ウチではここがいちばん利用しているコインランドリーではあるが特にこれと言った特徴はなく敢えて言うなら設置されている洗濯機と乾燥機の台数が多いということくらいか。

 

 

あとは買い物に行く方面の大通りに出る前に店があるので、取り敢えず買い物に行く前に乾燥をかけておいて帰りに回収すると言ったスタイルが通用するのが良いところ。

 

 

他にもチェーンに属さず個人で経営しているコインランドリーも周囲に点在しているので買い物に行く方面によって使い分けたりもしている。

 

 

 

 

…つまりコインランドリーは大まかな性能の差はあるにせよ大事なのはお店の立地

だと言うことだ。

 

 

 

 

 

 

そんな事を自慢げに嫁に語りながら

 

 

コインランドリーソムリエと呼んでいいよ?

 

 

 

と言うと嫁は

 

 

「うん、分かった。それで今日はどこに買い物に行こうかコインランドリーソムリエ」

 

 

「子供の機嫌が悪いですけどどうしましょうコインランドリーソムリエ」

 

 

「今日は何が食べたいですかコインランドリーソムリエ?」

 

 

 

 

 

…はい、調子乗ってすいませんでした。