18歳年下妻をもつ41歳旦那の雑記

特に方向性はなく日常の様子や思う事について語って行くブログです

高圧洗浄機のO-リング

やっと家が完成し夢だった広めの駐車場も完備したことで好きな時間に車を洗うことができるようになった(ただし嫁と子供が許せば)

 

 

そこで独身時代に買って実家にしまい込んでいたRYOBIの高圧洗浄機AJPなんちゃらを新居に持って来て初の洗車を行うことにした。

 

 

 

しかしいざ新しい場所で初めての作業を行おうとするとすんなり行かないもので、なんとホースと本体の接続部のパッキン(O-リング)が経年劣化で割れてしまっていた。

 

 

当然そこからかなりの量の水が漏れたが洗浄機の水圧に問題はなさそうだったので今回はそのまま洗車を行なった。

 

 

久々の洗車は楽しく、また自分の家なので周囲を気にせずついつい長時間没頭してしまったが長年洗えずにいた通勤用のマイカーは見違えるほど綺麗になった。

 

 

 

しかし今回は大量の水漏れを無視して洗車を決行したが毎回同じことを続けていれば水道代もバカにならない。

 

 

そこで我が家で使用しているRYOBIの高圧洗浄機AJP-1400の適応O-リングをネットで検索してみるとこれがかなりの高額で、ただの小さなゴム製の輪っかがこの価格なのは少し疑問を感じてしまった。

 

 

しかしこれが近所のホームセンターで売っている汎用的なO-リングでも代用できて値段も半分くらいで購入できたので紹介します。

 

 

直径9.8か10.8でゴム厚2.4(mm)の物なら問題なく使用できます。

 

 

※ちなみに水道用ホースと本体のワンタッチ接続ジョイントを繋ぐ♂側の方です。

 

 

是非参考になれば幸いです。

最近の趣味

独身の頃の自分には色んな趣味があった。

 

 

 

…と言っても内向的な自分の趣味は基本的にインドアなものばかりでパソコンいじりにTVゲーム、マンガなど。

 

 

それ以外にはインテリア小物が好きでホームセンターに足繁く通ったり1人でよく近所のラーメン屋に行ったりもした。

 

 

 

しかし当たり前の話だが結婚してからと言うもの自分の趣味はおろか自分の時間など全く無い。

 

 

 

それは嫁も同じことで毎日必死に子供の面倒を見ながら家事全般もサボらず当たり前のようにこなしてくれている。

 

 

 

なので自分だけが自分の時間が無いなどという戯れ言を言うつもりも毛頭無い。

 

 

 

しかしそんな状況で娘の一挙一動を観察することが趣味と言っても過言では無い習慣になっていることに気がついた。

 

 

 

 

日に日に知恵がついて新しい行動パターンや仕草を覚え始める娘の時に不可解なそれを生暖かい目で見守るのがとても楽しい。

 

 

 

例えば哺乳瓶の吸い口ではなく底の方をガジガジかじっている姿やベビーサークルにかじりついたままカニ歩きする姿とか。

 

 

6本しかない歯で満面の笑みを浮かべている顔とか教えてもいないのにストローで器用にジュースが飲めたり、転倒防止に床に敷き詰めたスポンジのパネルを剥がしてかぶりついていたり。

 

 

 

我が子の成長から目が離せない今日この頃でした。

明けましておめでとうございます❗️

新年、明けましておめでとうございます⛩

 

2019年になりましたね。

 

 

新しい年号とか株価の乱高下とか隣国との諍いとか気になることは山積みですが、とりあえずは無事に新しい年を迎えられたことを喜びましょう。

 

 

 

 

ところで昨年は私ごとではございますが、子供が生まれ家も建てて長い人生の中でも記念すべき年になりました。

 

 

更に娘が生まれるより1ヶ月ほど早く、私の住むこの大分市の大分川に架橋宗麟大橋が完成しめでたくこの橋とうちの娘は同い年ということになりました。

 

 

 

本当に8年ほど前までは時間が止まっていたように何事もなかった自分の人生が急に目まぐるしく動き始め、特にこの四年間はその集大成とも言うべきイベントの連続でした。

 

 

とは言えまだまだ娘も生後10ヶ月になったばかりでこれから先も気が休まる暇もなく色んな出来事が起こって行くのでしょう。

 

 

 

今このブログをお読みくださっている皆様も、どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

物価の不思議

先日、嫁が某大手ファッションショップに行きたいと言うので連れて行った。

 

 

そのお店は若者にとても人気があり品揃えも豊富で兎に角安い。

 

 

 

開店当時は駐車場から溢れ出した入店待ちの車の列が二車線ある車道のひとつを塞ぎ通行の妨げになるなど何かと話題に尽きない場所でもある。

 

 

 

しかし品揃えがとてもカラフルなものが多く、また客層が若いことも手伝って今まで敬遠していた。

 

 

 

 

 

そしてお店に到着して車で駐車場に入る時から入り口と出口を間違えると言うミラクルを起こした(幸い警備員さんは暖かく見てないフリをしてくれた)

 

 

 

いざ入店すると店内は白を基調としたスッキリとシンプルな…なんと言うかオシャレな内装で床はピカピカのフローリング。

 

 

 

そこに商品棚やハンガーがズラリと並び狭い通路には若者がひしめき合っている。

 

 

レジを見るとなんと自動のブースまであり、登録している人は自分で清算を行うこともできるようだ。

 

 

服を売る店で自動レジと言うのは自分としてはかなりジェネレーションギャップを感じたがそこは落ち着いたフリをしてスルー。

 

 

 

商品を見てみると、これがまた安い。

 

 

1000円前後の値段でとてもたくさんのラインナップがある。

 

 

嫁と2人で交互に娘の抱っこを交代しながら店内をウロウロと見て回り、お互いが選んだ物は…

 

 

 

自分:タートルネックのセーター ¥990

 

嫁:ロングスカート ¥990

 

 

他にも自分は茶色のワイシャツと下着、嫁は厚手のコートを買ったが多店舗に比べると確かに破格の安さだ。

 

 

品物も安かろう悪かろうと思っていたが、これがなかなかどうしてそれほど安っぽさも感じない。

 

 

内心、今まで少しバカにしていた部分もあったのだがそんな自分を少し反省した瞬間でした。

 

 

 

 

 

しかし問題はその帰り道、買い物で疲れた自分と嫁はテイクアウトメインのコーヒーショップに寄りドリンクをそれぞれ買って帰った。

 

 

 

そのドリンク(ラテ系)が約700円。

 

 

 

服が990円で飲み物が700円…

 

 

 

 

 

何か物価に違和感を覚えた、そんな日でした。

初熱

子供が10ヶ月を目前にして初めて38℃を超える熱を出した。

 

 

 

原因は恐らく…と言うかほぼ間違いなく一昨日に帰った自分の実家。

 

 

 

と言うのも親父が風邪で熱を出していると言うところに母親の誕生日でプレゼントを渡したいからと言う理由で半ば無理矢理会いに行ったからだ。

 

 

 

はじめは遠慮していた親父も最後は孫娘を抱っこして遊び始め、その最中親父が今朝飲んだと言うヤ◯ルトの容器に手を出してしまった。

 

 

すぐに勘付いた嫁が自分に「やめさせて!」というサインを送って来たのだが鈍い自分は気付かずに娘はその容器を咥えてしまい、それが原因で風邪を貰ってしまったと思われる。

 

 

 

生まれて初めて風邪をひいた娘は翌日から大量の鼻水を垂れ始め、2日後に熱を出した。

 

 

仕事中にそのことを嫁からのLINEで知った自分は夕方から慌てて病院に連れて行ったがその様子はとても元気で機嫌も良かった。

 

 

 

しかし、その夜は悲惨なもので寝かしつけて1時間もしないうちにグズっては目が覚めてまた寝かしつけては…のループ。

 

 

それもそのはず鼻が詰まっているのに習慣で指を咥えるので呼吸が苦しくて目が覚めてしまうようだ💧

 

 

 

幸いにも病院で貰った薬が効いたのかその翌日には熱が引き始め鼻水の量も減って行った。

 

 

 

 

 

 

 

なんと今度は嫁が「喉が痛い」と訴え始めそのまま高熱を出してしまったのだった。

 

 

 

よく子供からの風邪の感染は不可抗力と言うウワサは聞いていたけど…

 

 

 

 

確かに風邪引きの子供はこっち向いてくしゃみはするわ、あっちこっちヨダレは付けて回るわ、抱っこしてる人の服に顔を擦り付けるわ(笑)

 

 

 

 

 

自分が無事だったのが奇跡なくらい。

 

 

 

 

皆さんも子供を守る意味でも(自分を守る意味でも)子供を病原菌のありそうな場所からは敏感に遠ざける習慣をつけましょうね。

悪戯

ごく稀に自分は嫁にイタズラをする。

 

 

その内容は様々で、しかし決して彼女をこまらせるようなものではなくむしろ笑わせるためのイタズラだ。

 

 

 

基本的には仕掛けておいて家を出て後からLINEで「おいwwwwww」とか来ると最高だ。

 

 

 

そんな場面を想像してニヤニヤしながらいつもアイデアを練るのだが、たまに気づいてすら貰えなかったり不発(滑る)に終わったりすることもある。

 

 

 

 

そんな中、ついこの間「何してんのwwwww」と良レスが頂けたイタズラがあったので今回はその写真を載せたいと思います。

 

 

 

f:id:tennennigari:20181217072133j:image

2ヶ月前のこと

これはまだ旧居のお話。

 

 

 

 

仕事で深夜に帰宅した日のこと。

 

帰り着いて玄関のドアを開けるとちょうど今まさに嫁が寝室に入って行くところだった。

 

 

「先に寝るね。お疲れ様、おやすみなさい」

 

 

 

そう言って嫁はベッドに入って行った。

 

 

 

その後自分がシャワー浴びてから軽く夜食を摂りテレビを見ながら寛いでいると30分ほど経っただろうか寝室の扉が開いて寝たはずの嫁がリビングに現れた。

 

 

 

「うう…失敗した……」

 

 

見ると目からは大粒の涙をボロボロと零している。

 

 

 

「どしたん!?」

 

 

驚いて尋ねると涙声の嫁は涙の理由を辿々しく話し始めた。どうやら寝る前にスマホで「乳児突然死」について調べてしまったらしい。

 

 

そして生後7ヶ月になる息子さんを実際に乳児突然死で亡くしてしまったとある母親のブログを見つけて読んでしまったのだと言う。

 

 

 

そこには我が子を亡くしたことへの悔やみきれない後悔と亡くなって尚消えない息子へ愛しさが痛々しいほどに綴られていた。

 

 

 

この件以前から気をつけてはいたことだが乳幼児はうつ伏せ寝の状態が続くと稀に枕や布団なとで口元を塞いでしまいそのまま呼吸が出来ずに死亡してしまうケースがあるらしい。

 

 

なので子供が寝た後も慎重に何度も様子を見に寝室へ確認しに行くようにはしていた。

 

 

 

 

しかし妻よ…

 

 

 

お願いだから寝る前にそんな心配な気持ちに火が着くようなことを検索して、しかも当事者のブログを読んだりするのはやめて下さい(汗)